おすすめ記事 転職を成功に導くコツ

セラピーのある介護現場への転職を成功させるには

注目が集まる「介護×セラピー」
注目が集まる「介護×セラピー」
MENU

転職を成功に導くコツ

転職を成功に導くコツ

介護職への転職を成功させるためには

介護施設の職員やスタッフなど、介護職は仕事で感じる負担の大きさや給与面で転職に失敗したと考える人が多いです。これから介護職への就職や転職を考えている人は、働きたいと思っている施設がどのような労働環境なのか事前に確かめておくことが重要です。この記事では、介護職で転職を成功させるためにはどうすればよいのか紹介していきます。

事前にきちんと調査すること

介護施設の給与などの待遇面や仕事内容、福利厚生などの基本的な情報については、求人広告の募集要項や面接などでわかると思います。しかし、募集要項には記載されていない情報もあります。事前に募集要項をきちんと確認し、知りたいことや疑問に感じたことをまとめておきましょう。
たとえば、有給休暇や育児休暇など福利厚生については募集要項にはきちんと取得できると記載されていても実際の取得率まではわからないこともあります。自分が働き始めることを想像して、面接での質疑応答の際に質問してみましょう。具体的な質問をすると不透明だった点についても知ることができます。
施設への見学を実施している場合は、積極的に現場の雰囲気を見ておくことをおすすめします。転職サイトに掲載している写真や募集要項では実際の職場の雰囲気はわかりません。事前にきちんとコンタクトを取った上で施設を見学し、現場で働く職員の方から話を直接聞いてみましょう。実際に働いている人から現場の声を聞くことで、現場の雰囲気を知ることができます。施設で過ごしている利用者の表情や施設内の清潔さなども確認すべきポイントです。
その他にも、周りの友人やSNSなどで介護職へ転職したことがある人を見つけて事前に相談をしてみることも転職を成功させるためには大切です。

とりあえずしばらくは頑張ってみること

転職し働き始めて日が浅い時期は、初めての仕事内容や職場の方たちの名前を覚えるなど、慣れないことばかりで疲れてしまうことが多いと思います。思っていた以上に仕事が大変だった場合、転職したことが失敗だと考えてしまう人もいるはずです。新しい仕事にある程度慣れて大変な時期を乗り越えると、仕事の楽しさや良さ、やりがいを感じる余裕が生まれます。その日が来るまではとりあえず頑張ってみましょう。利用者やその家族の方から「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えられることで「頑張って良かった」とポジティブに感じるタイミングが増えていきます。
また、最初の頃は先輩職員とのコミュニケーションの取り方について悩むこともありますが、一緒に仕事をしていくとお互いに人間性がわかってくるため働きやすくなるでしょう。しかし、もしも悪質な新人いじめをする人や苦手な人がいる時は、施設長や直属の上司にすぐ相談しましょう。相談することによって、その人と勤務時間をずらしてくれたり仕事内容を変更してくれたりなどの対応をしてくれるかもしれません。常に報告・連絡・相談を怠らないようにし、自分から行動をすることを心がけて、働きやすい環境を作っていきましょう。

視野を広げること

同じ介護の仕事でも、違う施設になると仕事内容や待遇など、あらゆる点で異なる部分が見えてきます。転職先を探しているときは必死で、募集要項などの情報を見落とすことや事前にしっかり調査をすることをうっかり怠りがちです。可能であれば視野を広げて余裕を持ち、自分が無理なく働いていける環境かどうかを確認しておくことがとても大切です。施設に関する疑問点や不安に感じることをなくし、転職活動を成功させましょう。

環境を変えたい人へ

セラピーを取り入れている職場に転職 セラピーを取り入れている職場に転職

自分に合った求人の探し方を選ぼう

「働きたい」という気持ちや熱意は一緒でも、フルタイムで働ける人、プライベートと仕事をはっきり区別したい人、子育てと両立したい人など働ける環境や条件は人それぞれです。自分にぴったりな探し方を見つけて、より良い転職活動を進めていきましょう。ある程度どういうところで働きたいかイメージしておくとスムーズに探すことができます。求人情報を気軽に探せる求人サイトや専属のキャリアコンサルタントがアドバイスしてくれる転職エージェントがおすすめです。

この記事の続きをみる

Twitter